ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんご


ーことばには いつも きもちが かくれている。

ーことばは からだの なかから わいてくる

ことばの使い方は、こころの使い方。
こころの豊かさは、ことばの豊かさ。


「にほんご」福音館書店


安野光雅、大岡信、谷川俊太郎、松井直
ことばの造形の深い4名によって作られた、
小学一年生の国語の教科書を想定した、ことばの本です。

わたし かずこ

ではじまる、すべてひらがなのこの本を、
おとなの人は、やさしすぎて読む気がしないと、言うかもしれません。

けれど、ひらがなのリズムでゆっくりと読み進めていくうちに、
こころが、その易しいことばの向こうー先へ、自分の内へ
広がっていくことに、気がつくと思います。

ことばの発展途上だった頃に、
気づいて、つながる、あの気持ちよさも。


ことばから、ものや気持ちがみえる。

ことばは想像、創造。
ことばは記憶。

「ことばって、すごい」
あらためて、おとながそう思うことが、
子どもたちにとって、なにより、大切だと思います。



詩の玉手箱


毎年、毎年、4月におすすめせずにはいられない本があります。

箱入りのソフトカバーで、
元気のいい配色の箱の中は、はかなげな少女の横顔。
裏は、おだやかな海。

中学生くらいからおとなまで、
贈りものにも、なかなか、意表をつくと思います。



「詩の玉手箱」
三木卓 編・解説 柚木沙弥郎 絵
いそっぷ社 1680円


なにしろ、「意表をつく51編の名詩」という、
かわった副題がついているのです。

詩人であり、作家であり、児童文学作家であり、
がまくんとかえるくんの訳者でもある、三木卓さんが
編んだ、選詩集です。

4月からはじまり、3月まで、ぐるり
それぞれの月ごとに4、5編ずつ、「意表をつく」詩が並び、
一編ごとに、三木さんの解説がはさまれます。

古今東西、詩人の顔ぶれも意表をつき、
選ばれた彼らの詩も、意表をつき・・・

その、意表をつかれた気持ちに、三木さんの解説がしみるのです。

知り合いを紹介するような、さっぱりとした口調の解説は、
詩人の横顔にふれ、言葉をひきよせ、近づく手助けをしてくれます。

なんだか、ちょっとしゃれた、教科書のような。

いい選詩集は、1冊の詩集であるだけでなく、
次への扉にも、なってくれます。


ふだん、どんなに本を読むのが早い人でも、
詩を、急いで読むことはできません。

呼吸をするようなリズムで、言葉と、向き合う。
なんども、吸って、はいて、吸って、はいて・・・

ゆっくりと、ひと月に、3、4編。
そんな、一年のたのしみかたをどうぞ。

ムーミン童話の百科事典


なにか、言葉を調べたいとき、辞書をひきます。

辞書には、言葉の意味や例文が、とても正しく載っていますが、
ときには、正論が真理と限らず、
生きた言葉のもつ奥ゆきが得られずに、ものたりなさを感じることもあります。

そんなとき、この、
「ムーミン童話の百科事典」で
調べてみることをおすすめします。



高橋静夫「ムーミンゼミ」・渡部翠 編
講談社 3150円


この本は、ムーミン童話に登場する生き物や植物、
物語を彩る風景のなかのひとつひとつの言葉を、丁寧に解説しています。

たとえば、「名前」をひくと、

人は自分の名前をもつことによって、
ほかの人たちと自分自身を区別し、自分らしさをつくりあげていく。

という言葉からはじまり、
ムーミン童話の各巻から、名前にまつわるエピソードを紹介しながら
「名前」の形を、浮かびあがらせていきます。

この百科事典で調べると、
なべも、椅子も、ながぐつも、たき火も、どんなささいな言葉も、
愛され、意味を見いだされ、磨かれ、いきいきしています。


解説文の中の引用には、
そのエピソードがでてくる巻も記され、
あの場面はどの本にでてくるっけ・・・というときなどに
逆引きするのにも、便利。

ユーモラスで愛情のこもった文章は、
読みものとしても十分にたのしめるので、
童話を読んでいない人も、読もうかどうしようか迷っている人も、
読んでみるといいと、思います。

「百科事典」なので、辞書としての役割だけでなく、
高橋静夫さんの造形の深いおはなしや、
かんたんな名言集、興味深い作者の年表なども載っていて、
オールマイティな1冊です。