ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 王への手紙 | main | つばさをもらったライオン >>
みどりの船


映画のラストシーンは、わざとうわの空で、
ドラマの最終回も、見ないように。
最後のいっぽんの花火は、火をつけずに、家にもって帰る。

とか・・・

たのしいことは、まだ終わっていないふりをして、
次、また、ひょんなことで続きが始まる、ということにして、
過ごしていくやり方が、好きでした。

いいオトナになって、
どうにもできないものごとの終わり、というものも幾度か経験して、
なお、というよりも、いっそう、
続いていくこと意識します。

歴史の年表に点で打たれる大きな出来事のあいだの
途切れることのない、ふつうの年月。

夏が終わって、秋がはじまって、
でも、今年の夏も、来年の夏も、10年後の夏も、
ずーーーっと続いているんだな・・

なんて、広大なことを思う、
いつもの8月31日。


クェンティン・ブレイク 作 千葉茂樹 訳
あかね書房 1680円


ぼくたちはわすれない。
あの夏、みどりの船で航海したことをー・・・


夏休み、いなかで過ごすことに退屈した姉弟は、
ついに、禁止されていたとなりのお屋敷の庭に、もぐりこみました。
ジャングルのような木々をかきわけ、奥へ奥へと進んでいき、
ふたりが目にしたのは、みどりの船。

煙突もあるし、マストもある
デッキには小さな小屋もついている、
植木を刈り込んで作った、大きな大きな船でした。



船長夫人(このお屋敷の女主人のおばあさん)と水夫長(庭師)と姉弟は、
それから夏中、この船で遊びます。

イタリアの遺跡、エジプト、
天気が悪くて寒い日は、北極
暑い暑い日は、赤道越えの儀式を。

嵐も無事に乗り越え、
夏が終わる頃には、船から伸びる長いツタをつなぎ止め、港へ到着。

そして、次の夏も、その次の夏も。

やがて姉弟は、無邪気に遊ぶときをすぎ、
手入れをする人のいなくなった船は、すこしずつ自然の姿に
もどっていき・・・


みどりの船はきっと、
思い出ではなく、血となって肉となって、
いつか記憶がうすれる日がきても、なくならない。

終わってゆく、続いている、物語です。



スポンサーサイト