ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< マーガレットとクリスマスのおくりもの | main | ベスとベラ >>
クリスマス人形のねがい


もしわたしがねがいごとをしなかったら、どうなっていたかしら。

                  ー 本文より



ルーマー・ゴッテン 文 バーバラ・クーニー 絵
掛川恭子 訳 岩波書店 2100円


これは、願いごとのおはなしです。

孤児のアイビーは、どこかにきっといるはずの
あたたかく自分を迎え入れてくれるおばあちゃんの家を目指して
孤児院を抜け出し、見知らぬ街におりたちます。

同じ頃、その街のおもちゃやさんでは、
クリスマス人形のホリーが
自分の「クリスマスの女の子」が迎えにきて、
その手でだっこしてくれるのを、待っています。


雪の舞い、日の暮れる中、
あたたかな窓のあかりをながめながら
身寄りのない街をさまようアイビー。

とうとう閉店時間をむかえて、いじわるなおもちゃのいる
店内に残ってしまったホリー。

おもちゃやの見習いの少年。

子どものいないおまわりさんの夫婦・・・


クリスマスイブの1日。

起こる、ひとつひとつの出来事が、
ふたりの願いごとがかなうときにむけて
1歩1歩進んでいきます。

ときどき、じゃまがはいっても、
それさえも、幸せな瞬間をむかえるための
橋となるくらいでしか、ありません。

これは、願いごとのお話ですが、
ただ、願いがかなう、奇跡みたいなお話では、ありません。

与えられた状況をひっくり返すのは、じぶん次第!
と思える、元気のでるお話です。

明るく、前向きに、一生懸命に。

小さなアイビーが、願いをひとときも忘れずに、
1歩をふみだしたように。
人形のホリーが、強く強く、祈ったように。


・     ・     ・


行動すること、準備をすること、続けること。

願いごとをかなえるために、
必要なことは、いくつもあるかもしれません。

でも、絶対に、かかせないことは、ひとつだけ
それは、「ねがいごとをする」ということ。

すべては、そこからはじまります。


スポンサーサイト