ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< エミリー | main | にほんご >>
詩の玉手箱


毎年、毎年、4月におすすめせずにはいられない本があります。

箱入りのソフトカバーで、
元気のいい配色の箱の中は、はかなげな少女の横顔。
裏は、おだやかな海。

中学生くらいからおとなまで、
贈りものにも、なかなか、意表をつくと思います。



「詩の玉手箱」
三木卓 編・解説 柚木沙弥郎 絵
いそっぷ社 1680円


なにしろ、「意表をつく51編の名詩」という、
かわった副題がついているのです。

詩人であり、作家であり、児童文学作家であり、
がまくんとかえるくんの訳者でもある、三木卓さんが
編んだ、選詩集です。

4月からはじまり、3月まで、ぐるり
それぞれの月ごとに4、5編ずつ、「意表をつく」詩が並び、
一編ごとに、三木さんの解説がはさまれます。

古今東西、詩人の顔ぶれも意表をつき、
選ばれた彼らの詩も、意表をつき・・・

その、意表をつかれた気持ちに、三木さんの解説がしみるのです。

知り合いを紹介するような、さっぱりとした口調の解説は、
詩人の横顔にふれ、言葉をひきよせ、近づく手助けをしてくれます。

なんだか、ちょっとしゃれた、教科書のような。

いい選詩集は、1冊の詩集であるだけでなく、
次への扉にも、なってくれます。


ふだん、どんなに本を読むのが早い人でも、
詩を、急いで読むことはできません。

呼吸をするようなリズムで、言葉と、向き合う。
なんども、吸って、はいて、吸って、はいて・・・

ゆっくりと、ひと月に、3、4編。
そんな、一年のたのしみかたをどうぞ。

スポンサーサイト