ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ケルトの白馬 | main | ビール仲間 >>
あの庭の扉をあけたとき


「強情っておもしろいの?」

「そりゃあ、おもしろいわよ。
 強情でない人がどうして生きているのか
 わからないわ。
 毎日がすごく退屈だと思うわ」

すべての、ごうじょっぱりの人に、
この、バラの美しい庭の印象的なものがたりを。



佐野洋子 作 偕成社


お父さんとの散歩の途中でみつけた、
昔は立派だったであろう、洋館の廃屋。

ある日通りかかると、家は息を吹き返し、
花の咲き乱れる、美しい庭ができていました。
おばあさんがひとり、引越してきたのです。

口の悪い、そのおばあさんを
恐れながらも惹かれる、5歳の<わたし>。

その後、ジフテリアにかかり、
病院で長く過ごすことになった<わたし>は、
ある夜、ひとりの少女に導かれ
そのあばあさんの過去の記憶をのぞくことになり・・・


5歳の少女の見る、70歳の老婆の記憶。

強情な少女と強情な少年の、うもれた歴史と
その強情ゆえの、切ない結末。
その強情ゆえの、今。

ふたりの記憶は、ひととき、混じり合う。

5歳も14歳も70歳も、今、を持ってるだけでなく
これまで生きてきたすべての時間を、全部持っているから。

過ぎてきた時間は、薄れていくのでも、消えていくのでもなく、
すべてが<わたし>の一部だから。

人は、とてつもなく大きなものを持って、
生きているんだなあ。


まるごと抱えて生きる覚悟のある、強情なみなさん。

佐野洋子さんが、
スッとカーブをかけて投げる、そんな人たちへのやさしさ。

ストレートで思いきり投げる、
たくましい横顔、かっこいい言葉の数々。
受け止めてみてください。

スポンサーサイト