ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< あの庭の扉をあけたとき | main | センス・オブ・ワンダー >>
ビール仲間


夏といえば、ビール。

とりあえず、ビール。

おとなの夏のたのしみの大半には
ビールがついてくる、
といっても、過言ではないような気がします。

そして、絵本界のビール好き、といって、
おもいだすのは・・・


かの有名な、しろくまちゃん・・・
の、お父さん。

だってさ、
しろくまちゃんがあけた冷蔵庫に、
4本もビール冷やしてるの
みちゃったもんね。

それも、瓶。
きっと、酒屋さんから定期的に
配達してもらっているのでしょう。

かなりのビール好きと、お見受けします。


この絵本の中では、
お父さんの飲み終わった瓶、
ふたりの遊び道具になってるし・・・

今では、危なくて、遊ばせられないけれど、
たしかに、ビール瓶って、
吹けばホーホーいい音がするし、
注げばコポコポ、これまた独特の感覚がたのしそうですもんね。

・     ・    ・

絵本の中の、
お手本にしたくなるような素敵なお父さんお母さんたちが、
ふと、素顔をのぞかせる瞬間を見つけると
うれしくなってしまいます。

フランシスの両親が、
フランシスの寝たあと、テレビ観ながら
ケーキ食べてたり。

「きょうはなんのひ?」のお母さん、
朝ごはんは、お茶漬けだったのか、とか。

働き者の、一人暮らしのくまさんのおうちに、
お父さんとお母さんの結婚式の写真が飾ってあったのを
見つけたときも、なんだかあったかい気持ちになったなあ。




スポンサーサイト