ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 万次郎さんとおにぎり | main | ふくろうくん >>
クレメンタインのふゆじたく


冬は、どこからやってきますか?

朝、はいた息。おふとんのあたたかさ。
かさかさ落ち葉の音。お鍋のふえた食卓。

それとも・・・



ケイト・スポーン 作 小坂涼 訳
セーラー出版 


まどの外には、まだ、すすきが揺れています。

でも、ネコの女の子のクレメンタインは
冬のお洋服の用意のことで、あたまがいっぱいです。

おもいっきり、おしゃれじゃなくちゃ、いけないわ。

クレメンタインは、想いをめぐらせます。

だってね、
彼女のクローゼットの中ときたら!


スパッツ 43本、シャツ 20枚
ジャンパースカート 16着、セーター 16枚
くつ下 116足、ネックレス 50本
ブーツ 67足、コート 12着
マフラー 28本、帽子 36個、手ぶくろ 126組

どれも、鮮やかなきれいな色で、
かたちにも、ひかえめなこだわりの光るものばかり。
小物が多いのも、おしゃれの証です。


ひとつひとつ、並べながら、
うっとりと、にこにこと、お気に入りを選んでいく
クレメンタイン。

ようやく準備が整ったころには・・・


女の子の冬は、クローゼットから、やってくるのですよ、
ね。

スポンサーサイト