ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< クレメンタインのふゆじたく | main |
ふくろうくん


自分の身に起きる、
悲しい出来事を想像して、涙をながす・・・

時間をもてあました部屋で
午後の教室で
家族で移動する車の中で

子どもの頃から、思春期になるまで、
ひまさえあれば、そんなひとり遊びに耽りました。

そして、おとなになったある日。

この、物語の主人公のふくろうくんの
涙の使い方を知り、
目からウロコが落ちました。

こんな、妄想の使い方もあったんだ!

なんて、ロマンチックなんでしょう。



アーノルド・ローベル 作 三木卓 訳
文化出版局


ふくろうくんは、
「きょうは、なみだでおちゃをいれようっと」と思いたつと、
湯わかしをひざにかかえて、いすに座ります。

そうして、

ストーブのうしろに落ちて、見つけられっこないスプーンや
誰も見てくれる人のいない朝や
短くなって使えないえんぴつ

のことを想い、涙をながし、
その涙でお茶をいれ、夜のひとときを過ごすのです。

ああ、ふくろうくん。

「ながした涙でお茶をいれる」のではなくて
「お茶をいれるために、涙をながす」なんて、
なんて、おとなっぽい、想像力の使い方でしょう・・・


わたしも、まだ、涙のお茶を飲むことが、できるかな。

カップ一杯分の涙のために、
ちっちゃな出来事も留めることができるように、
こころの窓をきれいにみがいておこう。

そして、いつか、ふくろうくんのように、
「なみだのおちゃは、いつでもとてもいいもんだよ。」
って、しぶくつぶやくんだ・・・

・     ・     ・

5つの、小さなおはなしがはいっている本の中の、1話です。


スポンサーサイト